Home

ウィッチャー 3 レビュー

鋼の剣と銀の剣の2本の剣が特徴的ですが、鋼は人に対して使用し、銀の剣は怪物退治に対して使用するというウィッチャーらしい装備になっています。 ビジュアルは武器ごとに変化する仕様で、数えきれないほどの武器とウィッチャー専用装備が用意されています。 戦闘になると自動的に相手に合わせて適切な武器を抜刀してくれるのでいちいち考えなくても最適化してくれます。 武器は売られてい物の他にも敵が落とします。さらに自分で製作する事も分解して素材アイテムを抜き出す事も可能です。. ウィッチャー 3 レビュー ウィッチャー3はボリュームがある分、良かったポイントも多いのですが今回はいつもどおり6点挙げています。が、 細かいところをあげていくと本当にキリがないので 絶対に知っていてほしいウィッチャー3のいいところ をピックアップしています!. . アース・ブラサンナ.

アブラカタブラ. See full list on taikutsu-breaking. 美麗なグラフィック 3. クエストだけでなく、システム面でも追加要素が入っているのが“無情なる心”の特徴。とくに、装備品に特殊な効果を付与する“付呪”というシステムが目を引きます。付呪は“無情なる心”で新登場となる“ルーン細工師”に頼むことで行なうことができますが、それにはルーン細工師の頼みを聞いて、彼の仕事道具をそろえなければなりません。仕事道具がそろうにつれ、より強力な付呪ができるようになっていくようです。 なお、付呪を行うには装備のソケットが3つ必要です。これまで存在していたルーンや刻印は、1つにつき1ソケットが必要でしたが、付呪は1つの効果をつけるのに3つのソケットを使う点に注意しましょう。必要ソケット数が多いぶん、ルーンや刻印では得られない特殊な効果を得ることができます。 では、ソケットが2つ以下の装備には付呪は不可能なのかというと、そんなことはありません。ルーン細工師は装備にソケットを追加することができるため、事実上はどんな装備でも付呪を行うことが可能です。 すべての食事がピエロギの味になるなど、ゲーム的には別に関係ないですが、ちょっと笑える副作用が書いてあるのがまた魅力的ですね。ピエロギは、開発会社のあるポーランドの伝統料理のひとつです。 新たなアビリティや装備も追加されています。とくに装備はユニークなものや、シリーズの過去作をプレイ済みだと「おっ?」と思うものまで、さまざま。また、固有名詞を持つ武器は、手に入れるタイミングによっては無用のものとなってしまいがちだったため、ほかの武器は持ちえない特殊な効果を持つなど、エキスパンション・パックには本編とは一味違う武器や防具が取りそろえられています。.

。 特に、ゲラルトが記憶を失う以前の恋人であるイェネファーと、記憶を失っていた時の恋人であるトリス・メリゴールドという“元カノ・今カノ”の存在は、ゲラルト本人にとっては悩ましいところ。世界の命運を巡る壮大な選択だけでなく、こうした個人的な恋愛事情の選択まで関わってくるあたりも、本作の魅力と言えるでしょう。 これまでに2作のゲームが発売されていることもあり、本作は各キャラクターの個性、特に主人公のゲラルトの個性がしっかりと確立されており、歴戦の勇者ながらどこかユーモアも秘めたその言動が、非常に魅力的に感じられます。山路和弘さんの日本語音声もマッチしていて、物語の世界にすんなりと入り込めるのがうれしいところです。. 『ウィッチャー』シリーズはポーランドの作家、アンドレイ・サプコフスキ氏によるファンタジー小説が原作で、ゲームの開発も同じくポーランド. 先にも紹介したように『ウィッチャー3』のメインストーリーは、ゲラルトが行方不明の少女シリを捜索するというものです。メインストーリーを進めていくクエストは、ワイルドハントの戦士をはじめとする強敵との戦闘が繰り広げられるものをはじめ、かなり遊び応えのあるものとなっています。 一方で、メインストーリーとは直接関係のないサイドクエストも、ふんだんに用意されています。サイドクエストは、町や村にある掲示板で怪物退治の依頼を受けることができる以外にも、エリア内にいるNPCと会話して、直接依頼を受けることもできます。またメインクエストから派生して発生する場合もあります。 怪物退治の依頼でも人捜しの依頼でも、まず重要なのは手がかりを見つけることです。ゲラルトはウィッチャーとしての研ぎ澄まされた感覚を使用して、常人には見つけられない手がかりを発見できます。足跡を分析して不審者の行方を追ったり、血痕などを発見して事件の状況を把握したりといったことが可能です。 こうした手がかりを追跡して事件の真相を発見したり、怪物が出現した理由やその弱点を突き止めたりといった過程は、まるでミステリーの謎解きのようなワクワク感があります。 しかも、サイドクエストや依頼という形でログが記録されるようなストーリーの多くには、展開にちょっとしたひねりが加えられています。謎を解き明かしていくにつれて、関係者の意外な素顔が明らかになったり、怪物が出現した背後に意外な事件が存在していたりといった具合です。 ここでおもしろいのは、プレイヤー自身が事件の展開に関与できるところです。真実を明らかにして関係者に正義の鉄槌を下すこともできますが、それははたして誰もが望んだ結末なのでしょうか。それともあえてグレーな状態のまま解決を放棄して、報酬だけを受け取って立ち去ったほうがよいのでしょうか. com で、ウィッチャー3 ワイルドハント - PS4 ウィッチャー 3 レビュー の役立つカスタマーレビューとレビュー評価をご覧ください。ユーザーの皆様からの正直で公平な製品レビューをお読みください。. スパイク・チュンソフト ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション Nintendo Switchを、価格. 影のディティールと処理方法の変更 4. 本作のメインストーリーは、ゲラルトが行方不明の少女“シリ”を捜索して、彼女を救出するのが目的となります。古代エルフの血を引くシリには人智を超越した力が宿っており、そのために彼女は謎の軍勢“ワイルドハント”と、強大な軍事力を誇る“ニルフガード帝国”の双方から追われています。 こうした展開のため、メインクエストではワイルドハントの騎士団を相手にした、かなり歯ごたえのある戦闘が待ち受けています。 その一方で、この世界では現在、ニルフガード帝国が北方諸国に侵攻する“第三次北方戦争”が行われています。ウィッチャーは基本的に中立の立場ですが、プレイヤー自身の選択で世界の情勢に関与することも可能です。メインクエストでの選択と、こうしたサイドクエストでの選択の組み合わせによって、本作のストーリー展開やエンディングはさまざまに変化していくとのことです。 またこの世界には、強大な魔力の持ち主で諸国の宮廷でも暗躍する、“女魔術師”と呼ばれる人々がいます。ゲラルトは、いずれも美女ぞろいの女魔術師たちになぜかモテモテで、選択次第では互いの肉体を求め合う関係へと発展することも. さらにゲラルトは、戦闘に役立つ実戦的な魔法である“印”を使用できます。“印”は以下の5種類で、レベルアップで強化できるものの、これ以上種類が増えることはありません。とはいえ、局面や敵の弱点に応じて“印”を使用すれば、戦いを有利に導くことができます。 ●イャーデン ●クエン ●イグニ ●アクスィー ●アード ボスクラスの怪物を倒すと、“討伐の証”というアイテムを入手できます。これは怪物の身体の一部で、商人に売って報酬代わりの金を得ることも可能ですが、馬に装備しておくと、能力アップなどの効果を受けることもできます。どちらを選ぶのかは、得られる効果とプレイヤーの好み次第でしょう。.

まだまだ語り尽くせないほどの魅力があるウィッチャー3ですが、あまりにも多くの事を語りすぎると冗長になると思って3分の1位まで削りました(笑) それほどこのゲームのインパクトと破壊力、芸術的なゲームデザイン、開発者の面白いゲームを作ってやるという意気込みや熱量を感じました。 このゲームをプレイし終わった後に確実に熱中度だけでは無く、色んな感情が体内でグルグル回って消化しきれない余韻に浸ると思います。 それが次のステップにつなげる活力になり、それがその後に残されているクエストをクリアするのか、選択肢を変えながらもう一度プレイするのか、見たことの無い武具やアイテムを探索するのか、最高難易度に挑戦するのかは人それぞれですが、モチベーションは最高潮になっていると思います。. See full list on gamehackerblast. 『ウィッチャー3 ワイルドハント』は素晴らしいゲームなのですが、不満点がないわけではありません。 実際にプレイして違和感を感じないように、先に不満点を知っておく方が良いでしょう。. More ウィッチャー 3 レビュー images. さて、本作の大きな特徴は、冒険の舞台となるフィールドが巨大なオープンワールドとなっている点です。 具体的には、大きく3つのエリアに分かれています。ゲーム序盤に訪れる“ホワイト・オーチャード”は3つの中では比較的小さめのエリアで、あくまでチュートリアル用といった感じですが、後で再訪することも可能です。小さいと言っても、さまざまな場所があり、遊び応えもしっかりあります。 次に訪れるのが、戦争による荒廃で“主無き地”と呼ばれている“ヴェレン”と、巨大都市“ノヴィグラド”という2つの地域が1つのオープンワールドとしてつながっているエリアで、ここはかなり広大です。試しに移動可能な範囲の対角線上を、馬に乗って全力疾走で駆け抜けてみましたが、現実の時間で30分近くかかりました。もし徒歩で移動したら、いったい何時間かかるのだろう、と思うほどの広さです。 そして、今回はプレイ進行度の関係で訪れることができませんでしたが、海に浮かぶ島々が集まった“スケリッジ諸島”というエリアがあります。この3つに加えて、ニルフガード帝国に占拠された“ヴィジマ王城”や、狼流派ウィッチャーの拠点である“ケィア・モルヘン”といった、ピンポイント的なエリアが存在しています。 こうしたエリア間を移動する際と、エリア内の道しるべであるマーカーから別のマーカーへとジャンプする“ファストトラベル”を使った際、そして戦闘で死亡してゲームを再開する際には、やや長めのロードが入りますが、いったんエリア内に入ってしまえば、基本的にロードはありません。 特筆したいのは、建物やダンジョンへ出入りする際にも、まったくロードがない点です。城のように巨大な建物の内部には当然ながら、多数の家具やNPCが配置されているのですが、屋外からそのまま中に入っていくことも、そこにいるNPCと会話することも、すべてシームレスに可能です。 このように建物やダンジョンの出入りにロードがなくなったおかげで、探索は非常にスムーズで快適なものとなっています。 先ほども軽くふれましたが、これだけ広大なエリアになると、徒歩で移動するのは大変なので、本作には馬での移動が用意されています。ゲラルトは屋外のどこにいても、愛馬の“ローチ”を呼び出して、自由に乗ることができます。 馬は通常、全力疾走すると気力が減少していきますが、道に沿って疾走すると気力が減らない上. 印と呼ばれる魔法のような物が5つ用意されており、それを強化していく事でさらに強力に派生していきます。 例えば最初は周囲に炎を撒くようなイグニの印ですが、強化すると敵に対して放出するような印も使えるようになります。 最初の炎の撒くタイプも使えるし、放出するタイプも使用可能なので、かなり戦略性が生まれます。 相手が一人の時には放出するタイプが有効だったりしますが、敵が複数の時には撒くタイプを使ったりと使い分けが出て来ます。 この2つの印だけでこれだけ戦略性が生まれるのですが、たくさん印があるので戦闘にメリハリが生まれて、強敵でも印の戦略次第で勝てたりするというかなり大事な要素です。. 欠点はあるが世界水準を堪能するにはウィッチャー3は最適! ウィッチャー3の魅力をまとめると、 国産rpgには無い、果てしなく広大なスケール感; 国産ゲーでは不可能な、目を覆いたくなる容赦無いゴア(グロ)表現; 遊び尽くせないほどのボリューム.

ウィッチャー3の大きな売りのひとつが、 徹底的に作り込まれた美麗なグラフィックです。 人物やフィールドオブジェクトの造形はもちろん、 細かいところでは、装備品の素材ごとの質感や、 時刻による光の加減の変化までも精巧に再現され、 中世ヨーロッパ風の世界観に説得力を与えています。 特に、イベントのムービーは、 CG映画にしても遜色ない程の出来栄えで、 ウィッチャーの重厚な世界観に華を添えています。 また、敵となるモンスターの造形も素晴らしく、 動きも現実の動物のようなリアルさを感じさせます。 中でもトロールやバジリスクといった大型の怪物は、 遠目に観るだけでも恐怖感を感じるような 真に迫った迫力を備えています。 グラフィックの面では、特にマイナス点はなく、 グラフィック重視のプレイヤーも満足できます。 ただ、プレイ中に発生したバグとして、 モンスターを撃破した後の死体のモデルが 無関係のキャラクターのものに差し変わっていたり、 一部キャラの会話中のモデルが 表示されなくなるといった表示関連のバグが ごくまれにですが見受けられました。 これらは、プレイの質を落とすほどではありませんが、 気になる方は気になる欠点かと思います。. 怪物退治を生業とするウィッチャー「ゲラルト」と、古き血脈の子「シリラ」、そして彼らを影から支える女魔術師「イェネファー」が織りなす重厚な物語。 ウィッチャー 3の面白さは、この重厚な物語をゲームという媒体で「1000ページを超えるほどの膨大で良質な小説が目の前でストーリーが繰り広げられる」という点です。 、、、でありつつも!! ちょいちょい挟まれる「大人のロマンス」や酔っ払いウィッチャーたちの「お下劣いらずら」が、重苦しい話の中でも最高のスパイスになってくれました。 剣を置き、鎧を脱いだら、ウィッチャーといえども一人の人間。 キレイな女性を見たらついつい手を出さずにはいられないところを見ると、自分とはかけ離れた人格者ではなく自分と重なるどこにでもいる普通の人という親近感を感じさせてくれます。 「大人のロマンス」は、イェネファーやトリスだけでなく、キャバレーの娼婦や旅先で出会った女剣士など多岐に渡ります。本命をイェネファーにするかトリスにするかだけしっかりと選んでおけば、ある程度自由恋愛(?)を謳歌することも可能。 愛馬ローチに乗って野山を駆け回っていた際に見つけたミニクエストにも関わらず、最後はまさかのロマンスオチだった時には笑いがこみ上げてきました。 (どこまで性欲に忠実なんですか、ゲラルトさん) といっても、こうした自然発生的な「大人のロマンス」を含めてウィッチャー3はプレイしていて飽きない最高のゲームであると言えるのかもしれません。. 総勢50人以上のキャストのフルローカライズ。メインクエストやサブクエストの日本語ボイスというのは結構あるのですが、街にいる一般人のほとんどが日本語でちゃんと話します。(喋らない人に遭遇した事がない) 字幕もオン・オフ切り替えられます。 大都市では吟遊詩人が街中で歌を歌っていますが、おそらく主人公の範囲で曲が流れる仕様だと思うのですが、サブクエストの最中でも街中で吟遊詩人が歌っているかのように曲が聞こえてきます。 リアルで考えると、酒場でシリアスな話をしていても曲は聞こえてくるので現実感あるなーとか思ったりしました。. 海外ゲームでは、日本のゲームに比べて、 自由度の高さを重視する傾向がありますが、 ウィッチャー3の自由度は、 その中でも特に群を抜いています。 まず第一に、ウィッチャー3では、 「オープンワールド制」を採用しています。 これは、継ぎ目のないフィールドを自由に動き回って、 ウィッチャー 3 レビュー メインストーリーを進行させたり、 あるいは本編と独立したサブクエストを プレイヤーが任意で進められるシステムです。 クエストを進める順番や立ち入る地域の順番を プレイヤーが自由に選ぶことが出来るため、 特に海外のゲームでは多く採用されています。 (例、バットマンアーカムシリーズやスカイリムなど). .

ps4のおすすめゲーム紹介です。世界的にも最高傑作という評判は気になってたけど、少し古いしどんなゲームかイマイチよくわからないと手を. 『ウィッチャー3 ワイルドハント』は、ポーランドの小説を原作とする「ウィッチャー」シリーズの3作目にして完結編。 完結編とはいっても、「ウィッチャー」シリーズは世界観こそ共通しているものの、作品ごとに異なる事件を描いているため、本作が初. キャラクターと近隣オブジェクトの描画距離を短くし、やや近くから表示するように。遠景は変わらず。 2. 「ウィッチャー3」はもともとの評価が高いこともあり、Switch版もおおむね高評価を獲得しています。 グラフィックの違いがあなたの許容できる範囲であれば、十分にプレイする価値がある作品と言えます。. その他のゲームシステムについても、簡単にお伝えしておきましょう。 ゲラルトは正座して瞑想を行うと、ゲーム内の時間を進めることができます。この際、体力を回復することもできますが、難易度を高く設定すると瞑想での回復はできなくなり、食べ物や霊薬が必要となります。 錬金術でオイルや霊薬を作成するのと同様に、武器や防具の材料を揃えて、鍛冶職人に依頼して作成してもらうことも可能です。完成品を買うよりもずっと安く入手できますが、設計図や材料を集める手間とどちらがラクかは、プレイの状況によるでしょう。 ゲラルトのレベルアップもまた、独特のシステムになっています。レベルアップ時に入手できるポイントで、戦闘や印、錬金術などのスキルを強化して、それを専用のスロットに装備することで有効化できます。 また、怪物を倒すと“変異誘発剤”というアイテムが手に入ることがあり、これを装備するとゲラルトの能力値を強化できます。この際、変異誘発剤とスキルの色(種類)を揃えて同じスロットに装備すると、能力値のアップにボーナスを得ることができます。 最後に、本作ならではのユニークな遊びをご紹介しましょう。ゲラルトは各地のNPCに対して、“グウェント”と呼ばれるカードゲームの勝負を挑むことができます。このカードゲームは、戦場を模した3つのラインを持つ場に配置したカードの合計ポイントで勝敗を競うという、比較的シンプルなルールになっています。 ただしこのゲームの特徴は、最初に引いた10枚のカードを途中でまったく補充しないまま、最大3ラウンドを戦うという点にあります。手持ちのカードの内容によっては、あえてラウンドを捨てるといった判断も必要になり、奥の深い思考を求められます。 グウェントのカードは商人から購入したり、探索で入手したりできるため、各地を巡ってこのカードをコンプリートするというのも、本作のサイドクエストの1つとなっています。 少し長くなってしまいましたが、本作の特徴を説明してきました。オープンワールドのRPGならではのゲームシステムの奥深さと、物語のスケールの広がりを理解してもらえたのではないでしょうか。 本作がもっともユニークなのは、自由度の高いオープンワールドのゲーム進行と、キャラクター性の強いストーリー主導型の展開が、1つに融合している点です。個々の戦闘でさまざまな戦略を実行できたり、クエストの.

ウィッチャー3の多くのレビューが言うようにストーリーが重厚です。 設定がぎっしり詰まっていてその世界で生きている人々の生活、サイドストーリーも充実しています。. 故郷であるケィア・モルヘンにて、旧友のウィッチャー たち(ランバートとエスケル)と夜更けまで酒を飲み交わした結果、「女が足りねぇ!」という話になった際の結末がこれ。 メガスコープで繋がった先の女魔術師を呼び出すため、イェネファー姉さんの服を勝手に拝借して着替え出す3人のウィッチャー 。 エスケル「嫌な奴だな。ほら、早く。とんでもなくきついんだ」 ランバート「何だよ、エスケル. See full list on famitsu. 本間氏によると、スイッチ版『ウィッチャー3』は、快適なゲームプレイを実現すべく、“動的解像度”を採用しているという。動的解像度とは、処理落ちしないように、オブジェクトの数などに応じて解像度を変化させる技術。これによって、フレームレートが30FPSに近くなるように保たれるとのことだ(PS4版とXbox One版は30FPS)。 また、PS4版とXbox One版はゲームの容量が約70ギガバイト(※)だったが、スイッチ版ではこれを約32ギガバイトまで減らしている。これは、パッケージ版の32ギガバイトROMの1枚だけで、追加ダウンロードなどがなくすぐにゲームが始められるようにとの、CD PROJEKT REDの考えによるものだという。 ※年8月22日17時34分修正 ゲームの容量を約80ギガバイトとお伝えしておりましたが、本間氏の認識違いで、正しくは約70ギガバイトとなります。 また、この容量の数字は、ヨーロッパ版のものです。 そうした容量圧縮と、処理の軽減を実現するために、以下のような処理が施されているそうだ。 1.

【トゥサン】は噂通り美しかった。 城下町は中世ヨーロッパ風の街並みが印象的で、城下町の外にはぶどう畑が、その周りには青々とした森が広がり、本編『ウィッチャー3 ワイルドハント』での噂通り、【トゥサン】は美しい土地だった。. メタスコアは92点 発売当初はほとんどのオープンワールドゲームと同じく大量のバグがあり、uiの使いにくさやゲラルトの移動時の慣性などにも悩まされましたが、アップデートで完全に修正され、複雑かつ巨大でありながら物凄く遊びやすい神ゲーへと変貌し. 超大ボリュームでストーリーだけをプレイしても50時間はかかると思います。普通はこれだけで一本のゲームです。 それにくわえてサブストーリーや広大なマップに隠された宝やウィッチャーならではの依頼などを合わせると100時間は余裕で超えます。 さらに選択肢によってマルチエンディングや細かい所でも結果が変わるのでそれをやろうとしたり、難易度も4段階あるのでそれでまた一周したりとしていたら数百時間に及ぶボリュームです。 だからと言って手抜き感は一切無く、サブストーリーも十分過ぎるくらい楽しめます。. 木の葉の密度と描画距離 3. ウィッチャー 3 レビュー 『ウィッチャー』シリーズはポーランドの作家、アンドレイ・サプコフスキ氏によるファンタジー小説が原作で、ゲームの開発も同じくポーランドのCD PROJEKT REDが手がけています。原作が存在するということで、本作は舞台となる異世界の設定が細部に至るまで練り込まれており、それがゲームプレイにもしっかりと反映されています。 タイトルにもなっている“ウィッチャー”とは、この世界における怪物退治の専門家です。ウィッチャーは幼少期より過酷な修行を積み、変異誘発剤によって己の肉体を変異させることで、高度な戦闘能力を身につけています。この世界でも数少ないウィッチャーの1人である“リヴィアのゲラルト”が、本作の主人公です。 『ウィッチャー3』というタイトルが示しているとおり、本作は主人公ゲラルトの戦いを描いた三部作からなるストーリーの完結編です。第1作はPCで、第2作はPCとXbox 360で発売されています。 こう説明すると、「過去作をプレイしていないと本作は楽しめないの?」と思う人がいるかもしれませんが、そんなことはありません。前作までは、ゲラルトは過去の記憶を失っていました。本作では過去の記憶を取り戻したゲラルトが、改めて己の使命と向き合うことになります。そういった展開もあって、ストーリーの流れは本作だけでもちゃんと理解できるようになっているのです。 また世界観の解説や、ゲラルトと過去に因縁のある人物については、プロローグ的なクエストや“人物事典”でしっかりとフォローされています。加えて、大きなストーリーの流れとは無関係なサイドクエストや怪物狩りの依頼も充実しているので、そうした部分でもこの世界の魅力を十分に堪能できます。 逆に前作の『ウィッチャー2』をプレイしている場合は、ゲーム開始時に“『ウィッチャー2』のデータをシミュレートする”という機能をオンにしておくと、プレイ中にいくつかの質問に答えることで、前作での選択を本作に反映できますので、お楽しみに。.

」 (酔った勢いとはいえ、素人目に見ても適当すぎて嫌な予感) メガスコープで繋がった先は、女魔術師ではなくどこかの貴族の部屋。 そして、それを画面越しで見た貴族「すまない. ウィッチャー 3 レビュー “無情なる心”で始まる一連のクエストは、32レベルが適正レベルとなっています。だいたい本編ストーリーをクリアしたくらいのレベルを想定しているようですね。もちろん、メインストーリーを終わらせていなくてもクエストを受けることは可能ですので、好きなタイミングで開始できます。 なお、レベルが足りてないけどすぐに遊びたい! というプレイヤー向けに、“無情なる心”のコンテンツを独立させて遊べるモードもあります。この場合、自分のデータは使用できない代わりに、即座にレベル32の状態でスタートできます。最低限必要な装備やアイテムなどをすべて所持した状態で開始できるため、どうしても先に遊びたい場合はこちらを利用しましょう。 ただしこちらのモードで始めた場合、メインストーリーは一切プレイできず、終了後のデータをメインのデータに持ち越せないなど、いくつかの制約があります。プレイする際はその点にご注意を。 ちなみに“無情なる心”の開始クエストですが、DLCインストール後にゲームを起動すると即座にクエストリストに表示されるため、迷うことはありません!. 。 自分なりの選択をして依頼を解決した後でも、はたしてこの決着で良かったのかと考えさせられるようなエピソードが多い点も、本作のクエストのユニークなところでしょう。 上で紹介したようにストーリー仕立てになっているサイドクエスト以外にも、マップの各所には探索や戦闘が可能な場所が存在しています。怪物の巣や盗賊のアジトを襲撃することもできますし、通りかかった建物の地下で高価なアイテムを発見することもできます。ただし、その建物を恐ろしい怪物が守.